[[FrontPage]]

*めも [#c1f22cf5]
**IEEE eXpressPDF に dvipdfmx で作った PDF を通す方法(2013 Aug. 15) [#obab8d11]
***現在の環境 [#xa71631d]
-OS: Windows7 x64 SP1
-TeX: Web2C-2011 (Win32) 
--texinst2011 インストーラ利用
-GhostScript 9.02
***実行すべきコマンド [#sbba4dfa]
- dvipdfmx -d dlbase14.map filename.dvi
- dvipdfmx -f dlbase14.map filename.dvi
**msのインストールについて [#d0eb0cae]
-OS: FreeBSD7.1-RELEASE
-MTAをPostfixにした
--ports から黙ってインストール.SMTP-auth拡張のためにcyrus-sasl2が入るようにしてある
--/etc/mail/mailer.conf から起動するようにした
--/etc/rc.conf では sendmail も postfix も起動しないようになっているけど,これでよかったのかな.
-- sasulauthd は別に /usr/ports からいれないといけないくさい
--- /usr/locla/lib/sasl2/smtpd.conf に pwcheck_method: saslauthd とする
--- saslpasswd2 は触らなくてよい(sasldbuserlist2 が空で帰ってきてもOK)
-main.cfをいじる
--Maildir/ 形式にするのを忘れない
--subnet を trust にしないとメールを送れない気がする←587使うから放置する
-master.cfをいじる
--submission のコメントアウトをはずす
--外から違うメールアドレスで転送したいときは,master.cfに次の一行を.
 -o smtpd_recipient_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject_unauth_destination
---リレーチェックが RCPT To: まで遅らされているのでこの対処が必要なようだ.
-SMTP-auth + submission 関係はこのへんか.
-- http://www.kawaz.jp/pukiwiki/index.php?Postfix%2FSubmission%A5%DD%A1%BC%A5%C8%A4%C7%A5%E1%A1%BC%A5%EB%C1%F7%BF%AE
--http://www.postfix-jp.info/origdocs/install-report-sasl.html
-メールを読むソフトウェアとしてcourier-imapdを入れた.
--これってMUA?
--オプションはなにもいじっていない.
--courier-imap-imapd と courier-imap-pop3d の両方を起動するようにした.
--デフォルトのままでなにもしなくてもちゃんと動くみたい

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS